躍進を続ける業界の リーディングカンパニーとして

  21世紀になり、情報化社会の進化が加速しています。それにともない、この情報化社会発展のベースになり、さまざまなビジネスステージで活躍するシステム機器、そして私たちのライフステージをより便利に楽しく快適に安全にする機器も、さらに高い付加価値の持つ新機能へと進化しています。
このような情報システムや生活機器を進化させる、かけがえのないパワーの一端を担っているのが、電池です。そういう意味で電池づくりは、暮らしと産業のニーズを「カタチ」と「機能」に結実させ、ビジネスやライフスタイルを成長させる巨大な力を持った、実用性の高い最先端技術といえましょう。
私たち治京は、高品質電池部品を安定して電池メーカーに提供させて頂くことにより、この電池創造という時代の最先端技術をきりひらく一翼を担う企業です。設計・製造スタッフのスキルアップ、プレス技術の革新・改善に力を注ぎ、そうした努力によって生まれた高品質電池部品で信頼と好評の輪をさらに広げつつ、今後もいっそう情報化社会の進化に貢献して行きたいと考えています。

代表取締役社長 清家 邦博

創業のこころを原点に,新たな価値の創造へ

 昭和30年代 中川町工場
プレス加工工場 プレス加工機

  当社は、故治京正明先代社長が、戦前単身上阪、苦学する傍ら、仕事で身につけたプレス金型加工の技術をもとに、昭和24年4月、「電池部品のプレス加工」と「プレス金型の自社製作」を目的に創業、今日の基礎を築きました。この間、私は先代社長のもとで、一貫して思い切った設備の近代化に努め、とくに絞り缶、コイン製品、DI缶の技術導入・育成に注力し、顧客の信頼を頂きながら、一層の業容拡大に腐心してきました。
その後、平成6年7月、先代社長の後を継ぎましたが厳しい経済環境なるも、幸い、今日の業容を築けたのは、先代社長の尽力、お客様のご愛顧、各種メーカー様のご協力、社員各位の努力の賜であります。
会社は、常にお客様から信頼される、総合的な力を持った企業、働きがいのある企業を目指さなくてはなりません。
私は社員に対し、これまで、「人の3倍の努力を」と、強調し続けてきました。これは、一つは現在をあたり前に生きるため、また一つはこの業界に生き残るため、もう一つは末永く将来も生き続けるため、という意味をこめています。ここに明日が開けると確信します。
今後とも、創業の心を原点に、創意工夫し、苦しい時は「忍」の心を忘れず、明日に備える運営をせねばならないと肝に銘じ、さらに高いご満足をいただけるよう取り組んで行く所存です。引き続き、より多方面のご支援をお願い申し上げます。 

代表取締役会長 清家広明

Copyright (c) Jikyo Seisakusho All Rights Reserved.